3発目 放棄地だった頃

今日は雨です。
相方と堆肥の切り返しをやろうと予定していたんですが、延期です!

相方というのは、黒沢佑二(ユウジ)と申しまして、中学校の同級生です。
実は同級生といっても、中学生の頃は一言も(!)たぶん「おはよう」も言ったことがないくらい接点がありませんでした
その後、友達を介して接点はできたんですが・・・ 別に仲良くなかった
今では、一週間に6日から7日会って見飽きてきた

ユウジとは放棄地の開墾を通して仲良くなったんですね。
そもそも「農業やろう」って考えは二人ともなかったんです。
ユウジの親戚の方の土地が放棄地状態で、「使っていいよ」って頂いたことがスタートになりました。
最初はユウジの「スケボーパークを作る」案がでました。
土地が広いとは聞いていたので僕は「ちょっと畑やらしてよ」案をだしました。
その時は僕はすでに堆肥に興味を持っていて、ほのかに「農」に興味がありました。
そして、「じゃあとりあえず土地を開墾しよう」ということになり、別々の目的のために共通の作業をはじめることになりました。
2008年の1月の頃。
その放棄地がこれです。

こんな感じ

雑草ボーボーを超えて、木まで生えてました(笑)
ここをまず草を刈って、それから燃やしてキレイにしていったわけです

この時はまだ、慣れないことをしている面白さがありました
このあと春を迎え、夏になったときに元どおり草ボーボーになったときにはさすがにテンション下がりましたね
今日はこのくらいにして、またボチボチ放棄地から開拓した話を書きたいとおもいます。
ではでは

3発目 放棄地だった頃

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です